2014年5月2日金曜日

Linuxでユーザをグループに追加する

どうも、俺@腹減ったです。

Linuxを作成したユーザを別のグループに追加したいとき。

$ id koexuka
uid=500(koexuka) gid=500(koexuka) groups=500(koexuka)
今はkoexukaユーザはgid=500のkoexukaグループに属している状態です。
追加してwheelグループに追加しちゃいましょう。

# gpasswd -a koexuka wheel
$ id koexuka
uid=500(koexuka) gid=500(koexuka) groups=500(koexuka),10(wheel)
見事wheelグループに追加されました。
では、やっぱwheelグループから削除したいとき、

# gpasswd -d koexuka wheel
$ id koexuka
uid=500(koexuka) gid=500(koexuka) groups=500(koexuka)
はい、見事にwheelグループから脱却できました。

ちなみにusermodコマンドでもグループ追加できます。
同じようにkoexukaユーザをwheelグループに追加したいときは、
# usermod -G wheel koexuka
$ id koexuka
uid=500(koexuka) gid=500(koexuka) groups=500(koexuka),10(wheel)
のように出来ます、が!

usermodコマンドでグループに追加すると、
すでに他のグループが設定されていた場合は危険です。
$ id koexuka
uid=500(koexuka) gid=500(koexuka) groups=500(koexuka),10(wheel)
// ↑↑グループはkoexukaとwheel

# usermod -G hogegroup koexuka
$ id koexuka
uid=500(koexuka) gid=500(koexuka) groups=500(koexuka),502(hogegroup)

// ↑↑設定されていたwheelが消える!!
上記のようにコマンドを叩くと、すでに設定されたグループが削除されてしまいます。
なので、
# usermod -G hogegroup, wheel koexuka
$ id koexuka
uid=500(koexuka) gid=500(koexuka) groups=500(koexuka),502(hogegroup),10(wheel)
のように、属するグループを,(カンマ)ですべて指定しなければいけません。

面倒なので、つまりgpasswdコマンドを使いましょう!
という結論。


以上でぇぇえぇぇぇす。

0 件のコメント:

amazon