2012年3月23日金曜日

CGRect、CGSize、CGPointについて

どうも、俺@絶賛開発中です。
今日は(も)Objective-Cについてです。最近はアプリ(iOS/Android)関連の仕事が多いですね。

Objective-Cで開発してるとよくCGRectやCGPoint、CGSizeなどといったクラス(構造体)を使います。
これについてメモメモ。
ゲームアプリなど座標を細かく管理する開発では必須の知識です。

■CGRect
オブジェクトの座標とサイズを管理します。
// 座標(100, 100)の位置に横50 x 縦50のサイズを表すCGRect
CGRect rect = CGRectMake(100, 100, 50, 50);


■CGPoint
オブジェクトの座標を管理します。
//座標(200, 100)の位置を表すCGPoint
CGPoint point = CGPointMake(200, 100);


■CGSize
オブジェクトのサイズを管理します。
// 横200 x 縦100のサイズを表すCGSize
CGSize size = CGSizeMake(200, 100);


またこれらをコンソール上にログ出力する場合は、

CGRect rect = CGRectMake(0, 0, 30, 30);
NSLog(@"%@", rect);
のようにしても出力されません。

座標情報やサイズをログ出力させるには、
NSStringFromCGRect()
NSStringFromCGPoint()
NSStringFromCGSize()
これらを使います。

CGPoint point = CGPointMake(100, 200);
NSLog(@"%@", NSStringFromPoint(point));


以上でぇぇぇえぇす。

0 件のコメント:

amazon