2010年4月6日火曜日

Zend_Db_Selectの便利な使い方

どうも、俺@風呂上りです。

今日はZend Frameworkで用意されているZend_Db_Selectクラスを使った便利な方法をメモします。
ま、ZendFrameworkの公式にあるので、そちらを参考に!

Zend Frameworkのコンポーネント達はそのフレームワークを利用せずとも、組み込めるように作られているので、そういう使い方もできますよ(´・ω・`)

インスタンスの生成は、
<?php
$select = new Zend_Db_Select(Zend_Db_Adapter $db);
これでZend_Db_Selectのインスタンスが生成されます。

Where句は、
<?php
$select->where("id = ?", $id_param, Zend_Db::INT_TYPE);
// WHERE id=$id_param
で作れます。
続けて書けば、
<?php
$select->where("id = ?", $id_param, Zend_Db::INT_TYPE);
$select->where("name = ?", $name_param);
// WHERE id=$id_param AND name='$name_param'
のようになり、
<?php
$select->where("id = ?", $id_param, Zend_Db::INT_TYPE);
$select->orWhere("name = ?", $name_param);
// WHERE id=$id_param OR name='$name_param'
になります。

Order by句は、
<?php
$select->order("id");
// ORDER BY id

<?php
$select->order("id DESC");
// ORDER BY id DESC
になります。

Limit Offset句は、
<?php
$select->limit(30, 10);
// LIMIT 30 OFFSET 10 または LIMIT 30, 10
でできます。

Group by句は、
<?php
$select->group("id");
// GROUP BY id
です。

で、ここがとても感動したポイントですが、取得したカラムやテーブルの指定する方法は、
<?php
$select->from("foo_table");
// SELECT * FROM foo_table

<?php
$select->from(array("foo" => "foo_table"), "id");
// SELECT foo.id FROM foo_table AS foo
となるのです(´・ω・`)
カラムにエイリアス(別名)をつける場合は、
<?php
$select->from(array("foo" => "foo_table"), array("id_aliase" => "id"));
// SELECT foo.id AS id_aliase FROM foo_table AS foo
です。
途中でカラムを追加するには、
<?php
$select->from(array("foo" => "foo_table"), array("id_aliase" => "id"));
$select->columns("name", "name_aliase");
// SELECT foo.id AS id_aliase, foo.name AS name_aliase FROM foo_table AS foo
です。
一気に大量のカラムを書きたい場合は、
<?php
$select->from(array("foo" => "foo_table"), array("id", "name", "birthday", "address",....));
のようにします。



ということは、これらをまとめると、
<?php
$select = new Zend_Db_Select(Zend_Db_Adapter $db);
$select->from(array("foo" => "foo_table"), array("id", "name"));
$select->where("id IN (". implode(",", $id_list).")");
$select->order("id DESC");
$select->limit(30, 10);
// SELECT foo.id, foo.name FROM foo_table AS foo WHERE id IN (x,x,x,x,x) ORDER BY id DESC LIMIT 30 OFFSET 10;
のようになるわけです。

これにZend_Db_Adapterを利用して、
<?php
$result_set = $db->fetchAll($select);
とかやると、一発で配列でデータを取得できたり、
<?php
$stmt = $db->query($select);
while ($rs = $stmt->fetch()) {
// 処理
}
のように1レコードずつデータ処理を行ったりできます。

ちなみに、クエリ文字列を取得するには、
<?php
$query = $select->__toString();
でできますし、Where句だけ取りたいという場合は
<?php
$wheres = $select->getPart(Zend_Db_Select::WHERE);
// where句すべてを配列で取得できるのであとで、implode()とかやれば使える
で取れます。

いやぁ、超便利ーー(´・ω・`)

0 件のコメント:

amazon