2009年11月16日月曜日

linuxのssコマンドで利用中ポート一覧

こんちわ、俺@仕事中です。

ふと、ターミナル(zsh)で
[user]$ sl
と打ってしまって
correct:sl -> ss [n y a e]?
と表示されて知ったのですがLinuxには「ss」というコマンドがあるみたいです。
[user]$ whereis ss
ss: /usr/sbin/ss /usr/include/ss /usr/share/ss
見つからない人は、yumで一発インストールできます。

で、このコマンドなのですが、そのサーバが開いているポート一覧を表示してくれます。ちょうど
[user]$ netstat -tpln
したのと同じような感じです。

[user]$ ss -an
State    Recv-Q Send-Q    Local Address:Port    Peer Address:Port
LISTEN    0   0            *:3333           *:*
LISTEN    0   0            *:6666           *:*
LISTEN    0   0            *:21            *:*
LISTEN    0   0            *:22            *:*
LISTEN    0   0        127.0.0.1:5431           *:*
LISTEN    0   0            *:5432           *:*
ESTAB     0   0      192.168.60.215:22     192.168,.60.29:1515
ESTAB     0   0      192.168.60.215:22     192.168,.60.29:1764
と、こんな感じです。
オプションもnetstatと似てます。
[user]$ ss -h
Usage: ss [ OPTIONS ]
    ss [ OPTIONS] [ FILTER]
-n, --numeric don't resolve service names サービス名に変換せずにポート表示
-a, --all dispaly all sockets 全てのソケットを表示
-t, --tcp display only TCP sockets TCPプロトコルのソケットを表示
-u, --udp display only UDP sockets UDPプロトコルのソケットを表示
-4, --ipv4 display only IP version 4 sockets ipv4のIPでのみ表示
-6, --ipv6 display only IP version 6 sockets ipv6のIPでのみ表示
-r, --resolve resolve host names ホスト名を名前解決する
主なオプションはこんなもんでしょうか。

以上でーーす。

0 件のコメント:

amazon