2017年9月26日火曜日

Xcode8のままiOS11ビルドをする

どうも俺です。


iOS11がリリースされ、それに合わせてXcode v9もリリースされました。
Xcodeをバージョンアップするためには、
先にMacOSをバージョンアップする必要があって...いつもながら超面倒です。

Xcode8のままだとiOS11用にビルドできない...とお思いのみなさん、
裏技を使ってそのままiOS11ビルドできます。

※動作保証はできませんので、自己責任で行って下さい。


(1) Xcode 9をダウンロードする
https://developer.apple.com/download/more/
からXcode 9をダウンロードし解凍します。
結構時間かかります。

(2) Xcode 9.appを適当なディレクトリへおく
/Application/Xcode-9.app などへ移動させましょう。

(3) Xcode 8を適当な名前にリネームしておく。
仮に、Xcode-8.app としておきましょう。

(4) Xcode 8.appにXcode 9.app内にあるiOS11ディスクイメージのシンボリックを貼る

$ sudo ln -s /Applications/Xcode-9.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport/11.0\ \(15A5278f\) /Applications/Xcode-8.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport/11.0

(5) Xcode 8.appを再起動
再起動したら準備OK。iOS11端末をつなげてビルドできます。




ここに答えが。
Use Xcode 8 with iOS 11 | stack overflow



以上でぇぇぇぇす。

2017年8月8日火曜日

linker command failed with exit code 1が出た時の解決方法案

どうも、俺です。

Xcodeで開発してて目にすると1時間はその解決に費やしてしまうこともある地獄のエラー文言。
そう、それが
linker command failed with exit code 1


※Xcode 8.3.3

今日はこのエラーが出た時「これやったら直った」というあらゆる手段をお伝えします。


■プロビジョニングプロファイルは正しく設定されているか

人により設定方法は様々ですが、僕の場合、
・General>SigningにあるAutomatically manage signingのチェックをはずす

・Build Settings内、
 ProvisioningProfile (Deprecated)とProvisioning Profileの2箇所に適切なプロビジョニングプロファイルを設定。
 Code Signing Identityに正しい証明書を設定。
 最後にDevelopment Teamにチーム名を設定。

としています。
このミスの際は、ちゃんと「プロビジョニングプロファイル間違えているよ」というエラーが出ることが多い...。


■Enable Bitcodeの設定を間違えていないか

Build Settings>Build Options内にあるEnable Bitcodeが「Yes」になっているとアカン場合がある。
組み込んだフレームワークがbitcodeとやらに対応していないかもしれないので、速攻「No」に設定し直す。




■存在しないリソース(画像etc)を取り入れようとしていないか

Build Phases>Copy Bundle Resources内に存在しないリソースがないか要チェック。
無いものが含まれている場合は削除します。



■Deployment Targetを間違えていないか

General>Deployment InfoにあるDeployment Targetに無茶な値を入れていないか。
古すぎるターゲットなどに設定している場合は、よく考えて適切な値にします。



■Info.plistの設定Target Membershipは大丈夫か

Info.plistを選択してTarget Membershipにチェックが入っているとアウト。
チェックを外します。



■Xcodeを再起動しよう

この方法を使うと90%の確率でビルドが成功します。
試してみる価値あり。



■Mac本体ごと再起動しよう

この方法を使うと50%の確率でビルドが成功します。
試してみる価値あり。




上記以外でこのエラーの対処方法があれば教えてください。


※※※2017.08.18追記
このエラーが出た時に詳細ログが見れないのでモヤモヤしてたのですが、ログを見る方法が分かりました!
command+8 !!
LogNavigatorというやつらしいです!
これで具体的にエラー内容確認できます!


以上でぇぇぇぇす。

2017年5月1日月曜日

Macでgem installしたら "Operation not permitted" エラー

どうも、俺です。

 Mac(Sierra)でターミナルから
$ sudo gem install XXXX

とコマンドを打つと
Password:
ERROR:  While executing gem ... (Errno::EPERM)
    Operation not permitted - /usr/bin/XXXX
というエラーが出る場合の対処法。

以下のようにすればOK。
$ sudo gem install -n /usr/local/bin XXXX
これは、インストールディレクトリを
/usr/bin
から
/usr/local/bin
へ変更してインストールを行います。


MacのrootlessというSystem Integrity Protection(rootless)という機能があり、
/System
/bin
/usr
/sbin
フォルダ以下にファイルを作成できないという仕様のためです。

他にもrootlessを無効にする方法もありますが、セキュリティ的に望ましくはないので割愛します。


以上でぇぇぇぇぇす。

2017年3月13日月曜日

php: error while loading shared libraries: libpq.so.5: cannot open shared object fileが出る

どうも俺です。

構築したばかりのサーバーで
$ php -v
と打ってphpのバージョンを確認しようとしたら、

php: error while loading shared libraries: libpq.so.5: cannot open shared object file: No such file or directory
というエラーが出ちゃいました。

エラー内容のとおり、
何かしらの共有ライブラリ(今回はlibpq.so.5)が読み込めないというエラーです。

ちなみにrootになって同じコマンドを打つと

# php -v
PHP 5.6.24 (cli) (built: Mar  2 2017 15:32:45) 
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
と問題なく実行されます。
つまり、今回のエラーは何かしらのPermissionが関係してるだろうと予想つきました。

こういう場合は共有ライブラリの依存関係を確認してみます。

$ ldd /usr/local/bin/php
        linux-vdso.so.1 =>  (0x00007ffda23d7000)
        libcrypt.so.1 => /lib64/libcrypt.so.1 (0x00007f2982411000)
        libz.so.1 => /lib64/libz.so.1 (0x00007f29821fa000)
        libresolv.so.2 => /lib64/libresolv.so.2 (0x00007f2981fe0000)
        libpq.so.5 => not found
        librt.so.1 => /lib64/librt.so.1 (0x00007f2981dd7000)
        libcurl.so.4 => /lib64/libcurl.so.4 (0x00007f2981b6e000)
        libm.so.6 => /lib64/libm.so.6 (0x00007f298186c000)
        libdl.so.2 => /lib64/libdl.so.2 (0x00007f2981667000)
        libnsl.so.1 => /lib64/libnsl.so.1 (0x00007f298144e000)
        libxml2.so.2 => /lib64/libxml2.so.2 (0x00007f29810e4000)

注目すべきは、libpq.so.5 => not found となっているところです。


今度はrootになって確認してみます。

# ldd /usr/local/bin/php
        linux-vdso.so.1 =>  (0x00007ffce4d60000)
        libcrypt.so.1 => /lib64/libcrypt.so.1 (0x00007f0d05ff1000)
        libz.so.1 => /lib64/libz.so.1 (0x00007f0d05dda000)
        libresolv.so.2 => /lib64/libresolv.so.2 (0x00007f0d05bc0000)
        libpq.so.5 => /usr/local/pgsql/lib/libpq.so.5 (0x00007f0d05997000)
        librt.so.1 => /lib64/librt.so.1 (0x00007f0d0578e000)
        libcurl.so.4 => /lib64/libcurl.so.4 (0x00007f0d05525000)
        libm.so.6 => /lib64/libm.so.6 (0x00007f0d05223000)
        libdl.so.2 => /lib64/libdl.so.2 (0x00007f0d0501e000)
        libnsl.so.1 => /lib64/libnsl.so.1 (0x00007f0d04e05000)

今度は libpq.so.5 => /usr/local/pgsql/lib/libpq.so.5 と表示されました。

ということで/usr/local/pgsqlディレクトリを確認してみます。


$ ls -l /usr/local
drwxr-xr-x   7 root     root       62  3月  2 15:44 bin
drwxr-xr-x.  2 root     root       22  7月 29  2016 etc
drwxr-xr-x.  2 root     root        6  8月 12  2015 games
drwxr-xr-x.  3 root     root       16  7月 29  2016 include
drwxr-xr-x.  3 root     root       30 12月  6 15:26 lib
drwxr-xr-x.  2 root     root        6  8月 12  2015 lib64
drwxr-xr-x.  2 root     root        6  8月 12  2015 libexec
drwx------   6 postgres postgres   52  3月  2 14:41 pgsql
drwxr-xr-x   3 root     root       16  3月  2 15:33 sbin
予想通りpgsqlユーザーのみ読み書きできる状態になってしまっていました。

適切に権限を追加して完了。




以上でぇぇぇぇす。

2017年3月1日水曜日

公開鍵認証を使い、sshで2段階ログイン(多段ログインもできちゃう)

どうも、俺です。

今日は、
~/.ssh/config
を使って、2段階先のサーバーへsshログインする方法をメモ。

<クライアント> → <サーバーA(192.168.0.2)> → <サーバーB(192.168.0.3)>
のように接続する際に

$ ssh サーバーB
と打てばサーバーBへsshログインできます。

(1) .ssh/configを編集


$ vim ~/.ssh/config

Host <サーバーA>
  HostName 192.168.0.2
  User ユーザー名
  Port 22
  IdentifyFile ~/.ssh/serverA_id_rsa

Host <サーバーB>
  HostName 192.168.0.3
  User ユーザー名
  Port 22
  ProxyCommand ssh -W %h:%p <サーバーA>
  IdentifyFile ~/.ssh/serverB_id_rsa

※クライアント側のPCにはサーバーAとサーバーBの認証鍵
~/.ssh/serverA_id_rsa
~/.ssh/serverB_id_rsa
があることが前提です。

(2) ログインする

$ ssh サーバーB

複数先のサーバーへログインする場合は、
上記の.ssh/config内に踏み台にするサーバーをドンドン追記していけばOKです。


以上でぇぇぇえぇぇす。

amazon